疑いを感じた時点で病院に|症状にマッチした病院で診察を

高脂血症と動脈硬化

注射薬を入れる医師

高脂血症は血中の脂肪が増えている状態で、脂質異常症とも呼ばれます。基本的に血中の脂肪が増えても症状は出ません。高脂血症によって動脈硬化が進行すると脳梗塞や心筋梗塞といった命に係わる病気になることがあります。

検便検査の必要性

聴診器

飲食施設や老人介護施設で実施されている検便検査は、現在低料金での利用が可能です。一時期マスコミを賑わせた食中毒の集団感染などを防ぐために、近年はこのような検便検査を積極的に取り入れる施設が多くなりました。

尿の排泄にも注意

説明をする医師

泌尿器科は主に尿を出す器官の為の診察科になっています。これを利用するのは膀胱炎になったまたは疑いがあるという人が多いです。総合病院だけでなく個人のクリニックもあります。

郡山青藍病院について

女性医師

脂っこいものばかりを摂取した場合に引き起こされる高脂血症の症状を知りましょう。改善に取り組むことで健康な体を作ることができます。

より便利に利用するために

地域によっては有名な病院というものがあります。これに当てはまるのが奈良県にある郡山青藍病院です。この病院は総合診療科があり、合併症を伴っているような患者さんにとって特に有効な診療科だと言われています。 また、郡山青藍病院では地域医療連携室を開設しています。地域医療連携室では、治療費の相談から退院後の生活、様々な公的制度まで幅広い相談に応じています。地域医療連携室を利用することで安心して治療に専念することができます。患者さん本人はもちろんのこと、家族の方も利用できます。 この他には、患者さんが利用できる送迎バスの運行を行っています。面会の方も利用できる便利な送迎バスです。

受診費用について

郡山青藍病院で提供している医療サービスの多くは健康保険が適用されます。多くの方は3割ないし2割負担で治療を受けることができます。 郡山青藍病院では一部の診療で健康保険が適用されない自費診療のものがあります。例えば、脳ドックや心臓ドックでは1万2千円程度の検査料金がかかります。高濃度ビタミンC療法では、ビタミンCの量にもよりますが約2万円から4万円程度の費用になっています。 自費診療はどうしても高額になりがちではありますが、保険診療だけでは十分な治療ができないケースもあるので必用不可欠な診療だと言えます。また、より高度な医療を受けたいと感じている人にとっても有益です。治療費が心配であれば、診察時に確認しておくと安心です。